隠岐諸島海士町では、白いか等の新鮮な魚介類が採れますが、離島であるが故に、市場に着くまでに時間と費用がかかり、商品価値を落としてしまうというハンディがありました。

この離島のハンディを克服する為、※CAS(Cells Alive System)と呼ばれる、凍結技術を導入した農林水産物加工施設の整備を行いました。これにより、付加価値を付けて、旬の味と鮮度を保ったまま東京などの大消費地への出荷を可能とし、加えて食の安心安全を提供することで離島のハンディを克服し、第1産業の再生と後継者育成に繋げること目標としています。

商品アイテムは特産品の白いか、ブランドいわがき「春香」などの水産加工品の主力商品の他、「いわがきご飯・さざえ飯」、「フライ類」などの農産加工商品にも力を入れています。

販売先は首都圏を中心とする業務向け商品による外食産業への販路を開拓しながら、個人向け加工商品により消費者個人をターゲットに販売先への営業を展開しています。

 

実施時期 ~2019年03月下旬
滞在期間 2週間〜(応相談)
募集人数 制限なし
業務内容 魚介類の加工、出荷
勤務時間 8時半から17時半(応相談)
賃金時給 764円〜
免許・資格等 必要なし
所在地 島根県隠岐郡海士町
滞在先 シェアハウス
参加条件 魚介類が好きな方