蔵元紹介

隠岐は、「古事記」、「日本書紀」に「天之忍許呂別」(あまおろしのころわけ)、またの名を「隠岐の三子島」(おきのみつごしま)と記され、中世には、後鳥羽、後醍醐両帝が、配流された歴史の島であり、また奇岩や怪礁など風光明媚な観光の島として知られ、2009年には日本ジオパークにさらに、2013年には世界ジオパークに認定されました。隠岐の島には、環境省選定「名水百選」に選ばれた湧水が二カ所あり、清冽な仕込み水に恵まれています。冬の日本海を吹き渡るシベリア颪を味方に、最新設備の特定名称酒蔵での徹底した品質管理の中、和衷共同を社是として、日本酒と焼酎とリキュールを製造しております。
毎年、醸される清酒は、その年の米の状態、気候に左右されやすく、常に同じ清酒が生まれる保証はありません。杜氏の長年培ってきた経験と技術、そしてコンピューターを利用した細心なデータ管理がうまく融合して、初めて「納得のいくお酒造り」が出来ると確信しています。「酒質の向上に天上なし」を合言葉に、毎年原点を尊重し、米を磨き、徹底した麹造り、醪管理を愛情と厳しさをもってあたり、五味の調和を大事にしています。又、こまめな手洗い、履物、掃除、消毒等、常に「清潔」を心がけています。

 

実施時期 ~2019年03月下旬
滞在期間 2週間〜(応相談)
募集人数 制限なし
業務内容 酒の仕込み
勤務時間 8時半から17時半(応相談)
賃金時給 764円〜
免許・資格等 必要なし
所在地 島根県隠岐郡隠岐の島町
滞在先 蔵に住み込み
参加条件 お酒が好きな方