• 2018.03.08

学祭で「離島」を届けるプロジェクト2018

 ワーキングツーリズム(以下:WT)は、滞在のなかで労働を通して、いわがきの出荷や、アジや白イカの加工、野菜の販売、料理の提供といった具合に、季節によってあらゆる角度から「食」に関わってきました。そこに費やした時間は、かけがえのない時間なのですが、それを過去のものとするのはもったいない。なにかに、活かしたいと考えていました。  一方で、WTは、多くの学生に参加いただいています。その学生たちと一緒に […]

大野公寛:海士町道中記~出発と到着の間、 玄関と菱浦の間~

 私は東京に住む大学生。初めて海士町を訪れてから4年、もう15回くらい通ったのではないかと思う。何度行ってもまた行きたくなるし、他の学生にもそう感じていて欲しいと思っている。しかし、海士町に行くということは、とても「大変」なことである。私が大学の友人に海士町に行ったのだと話をすると、だいたい海士町のことを知らない学生は「遠いから行くのも大変じゃない?」というような表面的なトークを展開してくるが、そ […]

大学生:佐藤里帆 と 佐藤萌夏

>じゃあ、自己紹介をお願いします。 里帆>駒沢女子大学人文学部国際文化学科3年の佐藤里帆です。 >はい 萌夏>えーと、立命館アジア太平洋大学アジア太平洋学部3回生の佐藤萌夏です。 海士町を知るきっかけ >はい。なにから聞こうか。えーっと、どこで海士町を知った? 里帆>私は…(笑)。島キャンから申し込んだんですけど、島キャンの最初の集まりのときに、その、行き先をいろいろ提示されて、で、そのときに、な […]

結果発表:WORKING TOURISM PRIZE 2017

「WORKING TOURISM PRIZE 2017」にご応募いただき、ありがとうございました。 厳正かつ慎重な審査の結果、次の方々の作品が選ばれました。 ※大賞のみとしていましたが、優れた作品が多数応募があったため、「奨励賞」を新設しました。 大賞 作者:田路裕基 題名:新しいふるさと 手法:画像(バナー画像) <審査員コメント>  この作品に使用されている写真はおそらく、ワーキングツーリズム […]

大学生:牛山大輔

>じゃあ、簡単な自己紹介を。大学名とか。お願いします。 文教大学、湘南キャンパス三年の牛山大輔と申します。 >硬い! はい。学部が国際学部国際観光学科です。 >なんか幅広そうな学部だ。 そうですね、一見広そうですけど大したことはございません。 >そうか。出身はどこ? 出身は山梨県の北斗市ってとこで、八ヶ岳の麓って言ったらあれですけど、ですね。 >おお、知ってる。じゃあ、いつも山眺めながら暮らしてる […]

大学生:田中実(仮名)

>では、まず自己紹介をお願いします。 山口県の山口市にある山口大学からきました田中実(仮名)です。 >山口大学の何学科? 人文学部です。 >人文学部? 高田と一緒だね。 はい。 >なぜ、ここへ来ようと思ったの? 理由ですか? >うん。理由。 ほっといたら僕は休みの間、家から出ないと思ったから。思い切ってやって来ました。 >引きこもりの可能性が非常に高いなかで何かすると言っても、何かするという選択肢 […]

大学生:大野公寛 と 高田遼介

>いつぶりに海士に来たんだっけ? 高田>僕は先月。(あだ名:じゅんじ) 大野>僕は三月。(あだ名:公(きみ)) >結構最近だね。 大野>僕はしばらく空いてますけどね。 >初めて海士に来たのはいつになる? 大野>えーっと、僕は大学三年の夏ですね。 高田>僕は大学二年生の…2013年か。 >おんなじ時期だもんね。 大野>全く同じ八月です。 >何しに来たんだっけ?最初は。 大野>最初ですか?最初はなんだ […]

勇木史記

「海士からの島だより新年号(2016)」に掲載した陶芸家・勇木史記さんとの対談。テーマは「風と土」。 ー >そもそも「風土」という言葉を考えたことがないわけです。 はい。 >今に続く昔のことを掘り下げてみて、昔こういう人がいてねっていう形で「風土」という言葉がどんどん色付けされていくと思うんですけど、それを今、現行で、現役で、風土を作りながら暮らしてる人がいるわけです。それが、ま、言ってしまえば「 […]

村尾茂樹

昭和14年の後鳥羽天皇の没後700年祭の年に隠岐山陵の隣接地に造営された隠岐神社。その隠岐神社の禰宜(ねぎ:宮司を補佐する者の職称)である村尾茂樹さんに、島民として、禰宜としての立場から、隠岐神社の歴史と思い出についてインタビューした。(「海士からの島だより10月号(2015)」に掲載) ー >テーマは、「思い出を積む」です。 思い出をつむ? >はい。つむって言う漢字は、「積み木」の積むなんですけ […]

Overall Ranking

Category New Article