「離島の暮らしへ、旅をする」

離島に移住!地方創生!まちづくり!みたいな、そんなに大げさに考えるのはやめて、少し、離島に遊びに来てみませんか。

といっても、ただ遊びに来るのではなく島で働いてみませんか。例えば2週間、いや1ヶ月でも、1年でも、それとか都市と離島を行き来したり…。

日本には416もの人の暮らす離島があり、そのほとんどが人手不足です。

単純な作業から専門的な仕事まで、1年中人手不足の離島もあれば、ある時期だけ人手の必要な離島もあります。

離島ワーホリは、そんな日本中の離島が連携して提案する新しい働き方・新しいライフスタイルです。(現在は隠岐諸島のみ)

都市の日常を離れ、自然の中で島民と一緒に働いてみれば、ただ旅するのとは違い、離島の暮らしをより深く感じることができるはずです。

もしかしたら、新たな自分を見つけられるかも知れません。

こんな新しい暮らし方について、一緒に考えてみませんか?