第37回あいうえお色日記

「ゆりのいろ」

産業文化祭で見かけた、百合。
以前に色日記で取り上げた、イカの骨でできている花だ。

百合はわたしの名前の由来のひとつでもあるから、
見かけるとうれしくなってしまう。

「ゆりこ」という名前は母が、
その漢字は父が、決めたのだそうだ。
とても、気に入っている。

幼い頃から「百合は母の好きな花」と聞いてきて
誕生日には父が必ず百合の花を贈っていたから、
白い花や芳しい香りの花には、なんとなく気を留めてしまう。

思い返すと、幼い頃は家がすべてで、親がすべてだった。

「ワーホリで1ヶ月、離島に行ってみようと思う」
去年の8月頃、そう伝えた。

「おお、面白そうじゃないか、行け行け」と、父。
「え、どこそれ?なんでそんな遠く?1ヶ月も?島?」と、母。

自分で決めたことは、なかなか曲げない。
面白そうだと思うことには、首を突っ込んできた。

そうしてこられたのも、
帰ると親がいてくれたからだと思う。
帰る場所があるから、わたしは外に出たがるのだ。

いつだって、話を聞き、受け止め、ときには叱ってくれる親がいた。
だからわたしは安心して、
興味のあることに取り組んでこられた。

これからわたしの「帰る場所」がどうなるのかは、わからない。
けれど、わたしもいずれは「帰る場所」になりたい、とも思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です