日記

森島日記3

10月21日(月)

今日の夜は洗濯をしました。

夜のうちに洗濯をしておくと朝起きたときに楽です。

洗濯機を回して、これで明日の朝も楽ができると思っていました。

しかし、10分程経った頃、恐ろしいことに気がつきました。

スマホが無い。

まさかと思い、急いで洗濯機を開けました。

脱水中の洗濯機の中から、洗濯物に埋もれた私のスマホが出てきました。

もう終わったと思いましたが、スマホが壊れないようにとりあえず電源を切りました。

電源を切った私は、しばらく考えました。

電源を入れたら壊れるかな。

でもアラームをかけないと起きられないし……。

このまま朝まで起きていようか。

そうしている間に午前2時になっていました。

そして、これ以上はもう起きていられないと思い、スマホの電源を入れ、アラームをセットして寝ました。

翌日楽をするつもりが、寝不足の苦しい朝を迎えることとなりました。

海士に来てからの生活では、本土にあった便利なものがありません。

コンビニや大きなお店は無いし、バスの本数も多くありません。

それでも案外平気だなと思っていましたが、スマホの水没であたふたしてしまった私はまだまだ便利な生活から抜け出せていないのだと実感しました。

スマホを洗濯した話が長くなりましたが、西ノ島へ行ってきました。
牛馬がたくさんいました。

10月22日(火)

今日は海士での初バイトの日でした。

バイト先は、港から歩いてすぐの所にある「花屋のポンタ」というお好み焼きや鉄板焼きが食べられるお店です。

リネン工場の仕事が終わってからバイトに向かったので、働き終わった後にまた働くというのが不思議な感覚でした。

飲食店でのバイトは初めてで普段はお酒を飲まないので、お酒の作り方が全く分からず、どのくらい入れると丁度良い濃さになるのかも見当がつかず苦戦しました。

今日はいろいろと失敗しながら教えてもらいました。

まだ分からないことやできないことばかりですが、これから分かることや出来ることが増えていくのが楽しみです。

まかないのお好み焼き

飲食店でのバイトは大変そうなイメージがあり、これまでは避けてきたので、この経験もまた海士へ来たことによって出会えたことです。

離島ワーホリでの仕事も複数掛け持ちしていて楽しいのですが、その外に出て別の仕事をするのも面白いです。

やったことがない仕事が経験できるのも、そこから新たなつながりができていくのも嬉しいのです。

海士では人手不足の所が多いので、自分次第で新しい仕事が見つけられるのだと思うとわくわくします。

10月23日(水)

今日は休みだったのでどこかへ行こうかなという気持ちはありましたが、案の定朝起きられなかったので、またどこにも行かない休日でした。

夜は藤尾さんが帰って来るので買い物に行き、鍋を作りました。

今日も一緒にごはんを食べながらたくさん話しました。

私は人と話すのが苦手です。

小さい頃からずっとそうでした。

家族や仲良くなった友達には何も考えずにいろいろ話せますが、それ以外の人には何をどう話せばいいか考えこんでしまいます。

藤尾さんとは出会って2週間ちょっとしか経っておらず、意識して仲良くなろうと頑張った訳ではありません。

ですが、毎日話していてとても楽しいし、気を遣わず自然に会話ができていると感じます。

海士で出会ったからなのか、シェアハウスで一緒に暮らしているからなのか、相手が藤尾さんだったからなのかは分かりませんが、こんなに短期間で人との距離が縮まったのは初めてです。

こんな風に人と話すのが楽しいと思える瞬間が増えていったら幸せだなと思います。

10月24日(木)

今日はあとどで清掃をしました。

昼食の後、小西さんにプリンを頂きました。

プッチンプリンじゃなくて、ちょっと良いプリンでした。

ちょっと良いプリン、美味しかったです。

小西さんは甘いものが好きで、商店にプリンが入ると売り切れる前にすぐ買いに行くそうです。

そんな貴重なプリンを頂いてしまいました。

今日で海士に来て19日経ちます。

仕事や生活にも少しずつ慣れてきましたが、これからも新鮮な気持ちを忘れず過ごしていきたいです。

過去のことを振り返ると、もっとこうしておけば良かったと思うことがたくさんあります。

きっと、今の私がやり切れなかったことも後になって思い出したときに、やっと気づいて後悔します。

まだまだ先のことは決まっていませんが、今を振り返ったときにやり直したいと思うことが無いような未来を迎えたいです。 

10月25日(金)

今日はリネン工場でタオルを畳んでいました。

海士に来てからの仕事の中で、タオルを畳むことが一番楽しいです。

洗われてふわふわになったタオルを無心に畳み、それが積み上がっていく様子を見るのが好きです。

私は大量のタオルを畳むのが好きだということを発見しました。

今は仕事を3つやっていて、それぞれ徐々に慣れてきました。

まだまだ成長できるところはありますが、もうこれ以上新しく覚えることが無いのかと思うと残念に感じます。

出来ることが増えるのは楽しいですが、先が見えているのはつまらないです。

とは言え、続けているからこそ気づくようなことや楽しいこともあると思うので、毎日大切に働いていきたいです。

夜は2回目のバイトでした。

バイトでは分からないことが多くて楽しいです。

と言うと変な感じがしますが、何も分からないところから出来るようになっていくのがすごく面白いです。

以前、変化は嫌いだと書きましたが、働くことに関しては変化や発見があった方が楽しいものだと感じます。

10月26日(土)

今日は、元ワーホリ生の中村さんと来年から島食の寺子屋に入る岡村さんが来ていました。

シェアハウスに人が増えると賑やかで嬉しいです。

中村さんは去年の今頃、1ヶ月の滞在だったそうですが、1年経って社会人になっても海士とつながっていて素敵だなと感じました。

離島ワーホリを経験しているという共通点があるだけで、島外から来た人とも出会えるのが何だかお得です。

岡村さんは来年の春から海士へ来る方なので、2月に帰る私とは入れ違いです。

今までだったら1回しか会えないなんて残念だと捉えていましたが、来年遊びに来れば岡村さんともまた会えるなと考えている私は、20日間で感覚や人との付き合い方が少し変化してきているのかもしれません。

知らないうちに自分の中の考え方が変わっていることに気づくと、何故だか嬉しくなります。

天気が良かったので藤尾さんと外で昼食を食べました。

10月27日(日)

今日は中村さんと岡村さんが帰り、藤尾さんが学校へ行きました。

一気に誰も居なくなると寂しいです。

昨日は賑やかだったのに、今日は家に帰ったら一人かと思いながらリネン工場で働いていました。

一人になると話し相手がいないので、いろいろ考えます。

海士に来てあっという間に3週間が過ぎ、毎日楽しく生活できています。

しかし、このまま5ヶ月もあっという間に過ぎて、私は何も変わらないまま、やりたいことも分からないまま終わってしまうのかと不安な気持ちにもなります。

そんなことを考えながら一人で適当に夕食を食べ、明日は休みだなあと思っていたらそのまま寝ていました。

一人だとごはんは何でも良くなるし、次の日が休みだと一気に疲れがやって来ます。

この調子だと休日は一生出かけられません。