シリーズ

第23回あいうえお色日記

「ぬまぜりいろ」

沼芹色。

色日記を書くにあたり、さまざまな色や言葉を調べる。

ぬ、から始まる色がなかなかない。
かわりに、ぬ、から始まる言葉を調べて、ヌマゼリを知った。

白くて小さな花。
海士で撮った気がすると思って写真を遡ったけれど、違う花だった。

わたしが撮ったのはアリッサム。
セリというよりナズナに近いかもしれない。

Müller’s Farmで見つけたものだった。

花の奥にはニワトリたち。足元にはオレンジのかぼちゃがあった。

わたしが訪れたとき人はいなかったが、
そこはとてもにぎやかだった。

かわいらしい看板を撮り、
入口にいる長老(っぽい)ヤギに挨拶をし、
ぬかるんだ道を進む。

奥から響くコーケコッコーーとメェェ~~の声に急かされながら、
のびのび育つ野菜を覗いてまわる。
鮮やか、かわいい、美味しそう。

そしてやっと、たどり着く。

あんまり大騒ぎするので、噴き出してしまった。
目を合わせて鳴かれると、話しかけられているようにしか思えない。

寒いよね、
みんなでくっつかないと凍えちゃうね、
はいはい写真撮るから、待って、わ、大きい声出すからぶれちゃったじゃん。

新参者も盛大にもてなしてくれる、すてきな皆さんだった。
動物もみんな、のびのびしていた。

風が強く、凍えるほど寒い日だったけれど、気持ちはあたたかかった。

今日も盛大に鳴いているのかなと、今もときどき思い出す。