日記

第21回編集長だより

こんにちは、藤尾です。

前回の投稿からものすごく間の空いた、久々の投稿になってしまい本当にごめんなさい。

更新しよう、更新しよう、とは思いつつもいろいろと考え、戸惑ってしまっている私がいました。

久々の投稿ではありますが、お伝えしたいことがあるので投稿します。

伝えたいこと

 結論から言います。

「海士への重い想い」を今まで書き続けてきた私ですが、11月中旬~2月末まで(詳細は未定)東京で働き、暮らすことになりました。

東京で暮らしながら、週に1度大阪に通う生活を送る予定です。

何が向いているのか、何がしたいかわからない、と言い続けてきた私です。

今でも自分に何が向いているのか、将来どうしていけばいいのか、は今でも分かりません。

不安でいっぱいです。

それでも、そんな私にも、一つやりたいことが見つかりました。

私がしたいこと

今しかできないことがしたい!

時々、この事実を忘れ去られてしまうこともあるのですが…笑

私はまだ、今のところ大学生です。

勿論大学生だからこそ、職場の先輩方や地域の方々、両親などいろいろな方に協力していただいてご迷惑をおかけしつつも今の生活を続けさせてもらっています。その点は本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

でも、それと同時に大学生だからこそ、離島ワーホリでの「学生」仲間が増えます。今年の夏だけでも30人以上の仲間が増えました。そしてそんな仲間と、海士以外の場所でも交流したい!一緒に何かをしたい!と思うのです。

私にしかできないこと

私にしたいこと、向いていること。

未だに分かりません。

私自身に向いていることや自信のある分野は未だにありません。

でも、一つだけ(ある意味)自信を持てることがあります。

それは「悩むこと」です。

私は”重い女”といじられることが多いですが、全くその通りです。

だからこそ、たくさんやってくるワーホリ生や相談してくれる学生たちと一緒に悩むことはできます。

別に病んでいるわけでも何でもないけれど私は基本毎日悩んでます。笑

その悩みは時々苦しい内容のこともあるけど、常にそうあるわけではありません。

重い内容でも軽い内容でも、基本私は一日を終える前 眠りにつく前に悩んでから寝ています。笑

悩むだけ悩んで、その日悩んだことはできるだけその日にリセットしてから眠るようにしています。笑

だから、こんな私だからこそ、悩みがある人・誰かに話したい人は相談してほしい。

(こんな藤尾でよければ、ですが。笑)

こんな私でよければいくらでも相談に乗るし、いくらでも一緒に悩みたいと思うのです。

漠然としたこと

これが私にできることなのか、私に向いていることなのか。そんなことは分からないし自身は全くないけれど、私には漠然とした夢があります。

それは、

離島と離島を、離島と地方、離島と都市とを繋げることです。

私はたまたま、本当に偶然海士町に来ました。

海士町のことが大好きです。

でも、海士町は(私の見る限り)きっと課題を抱えています。

でも、それと同時に全国にはたくさんの離島があります。

離島は海士と同じように何らかの悩みを抱えているのでは…。

そう思うのです。

それでも未熟な私にはまだまだ他の離島のことが分かりません。

でも、今は海士町が大好きです。

分からないけれど、海士以外の離島にも興味があります、もしかしたら好きだといえる日が来るかもしれません。

そして、そんな海士町以外の離島と海士町とがつながって、離島と離島が、そして最終的には離島や都市がつながって協力して何かをできないかと思うのです。

ここにはっきり書けないのが私の未熟さを表していますが…。

それでも私は、大好きな海士町と他の離島を繋げたい。

それが私の漠然とした目標です。

最後に

私は、まだまだ未熟です。

分からないことだらけです。

ご迷惑をおかけすることばかりです。

それでも、そんな私でもやりたいことがあります。

だから、11月以降東京に暮らし、働きます。

主な勤務先は離島キッチン 日本橋の予定です。

そこで働き、シェハウスで暮らし…。

そうしながら海士町のファンを増やしたい、海士町とのつながりを増やしたい。

過去に海士に関わった人達が今後本土でも交わえる空間を作りたい!

壮大すぎる夢かもしれません。

漠然としすぎているかもしれません。

それでも、そんな未熟な私をただただ見守ってください。

おこがましいのは重々承知です。

それでもなお、見守ってくれる皆さんを求めている私がいます。

頑張ります。

今は、そう言うことしかできないけれど。

頑張ります。楽しみます。