インタビュー

シティボーイの離島体験記その2

こんにちは。離島ワーホリで、海士町観光協会の仕事をしている田島です。

今日からは、離島ワーホリに来ている学生たちが、実際何を考えながら生活を送っているのかについて、インタビューしたものを更新していきたいと思います。

(名前はイニシャル表記とさせていただきます。)


田島
田島
今日は高崎経済大学の女の子2人にインタビューします。インタビュアーは早稲田大学教授のT.Hと観光協会の太田と私、田島です。まずは簡単に自己紹介をお願いします。
M.I
M.I
高崎経済大学地域政策学部観光政策学科3年のM.Iです。
S.Y
S.Y
高崎経済大学地域政策学部観光政策学科3年のS.Yです。
田島
田島
出身地はどこですか?
S.Y
S.Y
山形県飯豊町です。私の地元も海士町と同じく、「日本の美しい村」に選定されています。とってもいい街ですよー…。
M.I
M.I
私は茨城県です。
田島
田島
2人ともどうやって海士町を知ったの?
M.I
M.I
私たちは2人とも、同じ大学のゼミの教授に紹介していただいたことがきっかけです。高崎経済大学から海士町に来る人のほとんどはその教授からの紹介で来ることが多いです。
田島
田島
なるほど。ゼミでは何を勉強してるの?
M.I
M.I
地方に行って観光に関係した業務をさせていただくことが多いです。 今年の2月には長野県白馬村に行ってインバウンド向けに焚火バーや縁日などの催しを企画したり、恵方巻を作って食べたりしました。
S.Y
S.Y
こないだの8月にはベトナムとカンボジアに行ってインターンもしたよね。
M.I
M.I
そうそう。あとは大学がある高崎市の観光資源の魅力度調査をしたり…。
田島
田島
へぇ。高崎経済大学の君たちのゼミってたくさんのプロジェクトを企画していると思うんだけど、なんでその中から海士町を選んだの?
S.Y
S.Y
私の地元が山形で、今は群馬にいます。山形にいるときは山のほうに住んでいて、群馬も海に面してないので、離島に来て海を感じつつ、島生活をしてみたいって思いがありました。しかも編入生として今年の4月から高崎経済大学に入ったので、短大でできなかったことを高崎でバンバンやっていきたいという思いがありました。
田島
田島
実際来てみてどう?
S.Y
S.Y
いろいろ不便なことは感じるけど、そのぶん人間関係が都会よりも密かなって思います。
田島
田島
資源的には不便かもしれないけど、精神的には豊かになるってことですかね(照)。

一同苦笑

田島
田島
じゃあ、ここから海士町のワーホリに関する質問に入るけど、2人は海士町に来てどんな仕事をしているの?
S.Y
S.Y
私はキンニャモニャセンター内の清掃をしています。
M.I
M.I
私は港にある船渡来流亭(せんとらるてい)というレストランで働いています。明日でちょうど来てから3週間目になるところです。
田島
田島
仕事でやりがいとか、楽しいと感じることはある?
M.I
M.I
私は、高崎市にいるときはコールセンターでバイトをしているのですが、海士町に来て飲食店という、実際にお客さんと顔を合わせる職場で働いています。なので普段とは違って、人と顔を合わせて働くことができるところが楽しいです。
S.Y
S.Y
逆に私は普段は飲食店で働いていて、いつもは人とコミュニケーションをとるんですけど、海士では清掃員としての業務だから、人とコミュニケーションを取らずして自分のやっていることを他人に伝えられるかっていうのを考えてしまいます。だからたまに感謝の言葉とか言われるとすごいうれしいんですよね。最近は海士交通のバスの運転士さんと仲良くなって、ジュースをおごってもらっちゃいました。
M.I
M.I
そういった人とのつながりって、島に来てからよく感じるようになったかも、です。
S.Y
S.Y
最近では、積極的に人とあいさつできるようになりました。
田島
田島
いいね。あいさつすると、お互いにいい気分で過ごせるから、どんどんしていこう。その他に海士町の人のやさしさを感じるエピソードってある?
S.Y
S.Y
2つあります。ひとつ目は、朝出勤するときにバスの時間を間違えてバス停に行っちゃったんですけど、それを地元の方が教えてくれて、しかも職場まで送ってくださいました。それともうひとつは、ヒッチハイクです。休日に海士町でヒッチハイクをしたんですけど、どの方も気軽に乗っけてくれて、海士町の人のやさしさを感じました。
田島
田島
なんなんだろうね、そのやさしさは。太田さん、質問あります?
太田
太田
お、じゃあ、二人が、海士町に来る前と来てからで変わったことってある?
S.Y
S.Y
私は清掃員の仕事についての意識ですかね。みんなに仕事の内容を聞かれると、「えー、それって大変そうだね」って表面的に捉えられることが多いんですよ。私はそれに関して疑問を持っていて、清掃員の仕事ってそんなに軽い感じで捉えられているんだって感じました。自分では、清掃員の仕事は観光の裏側を知れるいい機会だと思っているんですけど、そういう反応をされてしまうと、「自分のやっている仕事はどんな意味があるんだろう」って不安に感じることもあります。私たちはだれでも、掃除とか、自分たちが面倒くさいと思う仕事を、他人に押し付けてしまうことは、よくあります。でも、だれもやりたがらない、だれかがやらなきゃいけない仕事に対して、一人一人が意識を変えていかないと、観光はうまくいかないんじゃないかというのは感じました。
太田
太田
うぉ、良いこと言う。今の話は、仕事に対しての価値観で、逆に、変わらなかったことってある?
S.Y
S.Y
えー、シェアハウスですかね。海士町に来る前は、ワーホリをきっかけに、一人でバンバン行動できるようになりたいなと思っていました。自分を強く出せるようになりたかったんですよ。だけど、ここでの生活って、他人との共同生活だから、周りに合わせて行動してしまっていることが多くて、そこは来る前と変わっていないかなと思います。
田島
田島
逆に太田さんから見て、2人が来た時と変わった点って感じますか?
太田
太田
昨日から早稲田大学の学生たちが来て、いい具合に変わったと思うよ。
田島
田島
まだ来てから1日しか経ってないのに!
太田
太田
2人は早稲田組が来る前から滞在してるよね。そこで少なからず、周りを見る視野は広がっていると思ってて、どこを手伝ったら全体がどう回るかとか、全体を見ているような気がしてる。例えば、ご飯の用意とか。高経組は、ご飯のときに食堂にはまず入らずに、キッチンのほうに回って、シェフの吉田さんの手伝いをするよね。そういうところって、先に来ているからこそ目がまわるんじゃないかと思うよ。まあ、贅沢を言うと、早稲田組にも呼び掛けて、そこを手伝ってもらうとかできればいいと思うけど、そこはもう少し時間がかかるかもしれないけど、お互いにうまくコミュニケーションを取りながらじわじわと浸透していって、いい形になればいいなと思ってる。
田島
田島
あ、でも早速、今夜の夕飯の片付けなんかは早稲田組も手伝っていて、いい雰囲気でしたよね。
S.Y
S.Y
それ思いました!手伝ってくれてうれしかったです。
太田
太田
じゃあ次M.Iに聞くか。
M.I
M.I
なんですか。そのしょうがない感じは(笑)。私は2週間飲食店で働いていて、食べ方が汚い人がけっこう見受けられるんですけど、私はそういう風にしたくないと思いました。
太田
太田
どきっ。(胸に手を当てながら)
田島
田島
まぁまぁまぁまぁ。じゃあ、海士町に来る前と来てからで変わらなかったことはある?
M.I
M.I
普通の生活が離島でも送れるんだなっていう点が、普段とは変わらないことですかね。商店も20時まで開いていて、お菓子とかも買えますし、実際に生活してみると思っていたよりも不便じゃなかったです。
田島
田島
なければなかったで生きてけるってことだね。
M.I
M.I
そうですね。24時間営業のコンビニがなくても生きていけるんだって分かりました。
田島
田島
「ないものはない」ですね(恥)。じゃあ最後にこれから離島ワーホリで海士町に来る人たちに向けてメッセージをお願いします。
S.Y
S.Y
離島ワーホリに参加するのって、最初は不安もあると思います。私は、大学のゼミ生と一緒に来てるので、不安もあったけど安心感もあって海士町に来ました。でもその一方で、離島ワーホリに興味はあるけど、一人だと不安だからなかなか踏み出すことができない人もいると思います。そういった方々の不安を少しでも無くして、気軽に海士町に来てもらえるように、私たちもインスタグラムやフェイスブックといったSNSを使って海士町に関する情報を発信していくので、そういった情報を見ながら、ぜひ海士にきてくれれば嬉しいですね。
M.I
M.I
よくいる大学生のイメージっていうのは、夏休みの間は、サークルして友達と遊んで楽しんでいると思うんですけど、でもそういうのがある中で海士町に来るのは時間もお金もかかって、ってなると海士町で過ごすっていうのはどうなのかなって考えることもあるんですよ。でも結果的に、海士町での生活はものすごい楽しいかったし、群馬にいるだけでは出会えないような人たちと出会えたことがすごい良かったと思う。
太田
太田
しかも、滞在中だけの関係じゃなくて、去年のワーホリたちは地元に帰ってからも飲み会とか企画して、繋がりがあったよ。
田島
田島
へぇ〜。滞在が終わった後も関係が継続してるんですね。長く続く関係ができるって素敵ですね。
M.I
M.I
勇気を出してワーホリに参加したことで、素敵な繋がりができて、ほんとに来てよかったです。
S.Y
S.Y
全国いろんな人と繋がれるし、だいたいこういうところに参加している人って個性的な人が多いから、そういう人たちから影響を受けて、互いに高めあっていけるのはいいなと思います。
田島
田島
そうですよね。すごい分かります。残りの期間でも更にいろんな繋がりを作っていきたいですね。

(終)